あとで読も

ガジェット大好きリーマンのニュースマガジン

iPhone XRを選ぶ理由として6つ言わせてほしい

f:id:jimmy69:20181020081937j:image

10月19日からiPhone XRの予約受付が開始されました。

ところでこの記事に偶然たどり着いたあなたは、既にiPhone XRを予約しましたか? それともまだiPhone XSにしようか迷ってます?

今回は発売を目前にしたiPhone XRと、iPhone XSの違い、iPhone XRで十分だと思う個人的な意見について6つのカテゴリで説明しましたので、どうかご静聴下さいまし。

画面サイズと液晶の違い

iPhone XS 5.8インチ 有機ELディスプレー

iPhone XR 6.1インチ 液晶ディスプレー

f:id:jimmy69:20181020082550j:image

まず特筆すべき点は画面サイズと液晶の違いです。iPhone XSは5.8インチなのに対し、iPhone XRは少し大きめの6.1インチ 。

液晶はiPhone XSが有機ELディスプレーに対し、iPhone XRは液晶ディスプレーを搭載しています。

省電力性能と発色の良さを考えると、有機ELのほうが圧倒的に良いです。

 

有機ELは発光させる部分のみ照射されるので、黒い部分は無発光になります。なので黒色の部分は本来の黒が再現されるので、省電力性と発色の良さが謙虚に出ます。それに対し、液晶は背面から発光パネルが照らされて画面の色分けを発光します。黒色の部分も光が照射されますので、点灯中は常に電力を消費します。

 

ただ、今回iPhone XRに搭載されているのが、Liquid Retina Displayと呼ばれる新しい液晶。通常の液晶ディスプレーと比べて発色が良いとされ、アップルの製品ページにも、本来の色に限りなく近い色と表現されているので、有機ELと比べてどれほどの違いがあるのか、評価が分かれる部分かもしれません。

 

バッテリー

バッテリーはiPhone XSよりも媒体サイズが大きい分、より容量の大きいバッテリーが搭載されているかと思います。アップルの製品ページには明確に容量の数字などは明記されていないものの、iPhone 8 Plusより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間と明記されているため、iPhone 8 Plusと同等か、少し大きめのバッテリーが搭載されていると思われます。

 

CPU性能

搭載されたCPUチップはA12 Bionicという最新のニューラルエンジン搭載のCPUが搭載されています。iPhone XSやiPhone XS Maxにも同じA12 Bionicチップが搭載されています。

f:id:jimmy69:20181020085227j:image

iPhone 5sが発売された頃は、同時にiPhone 5cという廉価版iPhoneも発表されました。ただ、iPhone 5cに搭載されたチップはA6というiPhone 5に搭載されたものと同じものが入ってました。iPhone 5sとの性能差は大きく、同じ年に発売されたのに一年前の性能のものとし、価格もそこまで安くはなかったので、売れ行きも芳しくはありませんでした。

ただ、今回のiPhone XRはiPhone XSと全く同じもの。性能差は変わりません。

 

価格

消費者にとって一番重要なところが、本体価格になるでしょう。最近のハイエンドスマートフォンは10万円超えが当たり前になってきて、キャリアの割引も2年払いから4年払いなんてプランも出てきたりして、消費者を泣かせています。

f:id:jimmy69:20181020125045j:image

今回のiPhone XRはiPhone XSに比べるととても安く感じるかもしれません。最低容量の64GBであれば84,800円(税別)から購入できます。128GBでも税込で10万円は越さない価格帯です。最新のハイエンドスマホと比べたらこの価格帯はアップルよくやった! と賞賛したいほどです。

 

カメラ

iPhone XRは背面に1200万画素のカメラを搭載しています。対するiPhone XSは背面に1200万画素デュアルレンズを搭載しています。

ここの部分で写真を重視している人にとっては選択肢として分かれる部分かもしれません。

けど、アップルの仕様をご覧下さい。

f:id:jimmy69:20181020130130j:image

左がiPhone XS、右がiPhone XRです。

デジタルズームによるズーム率が異なるのはあれど、シングルレンズのiPhone XRでもポートレートによるボケ味を生かした写真を撮ることができるんです。

f:id:jimmy69:20181020130604j:image

フロントカメラはiPhone XSと同じように2つのレンズがあるのでポートレートも撮れるようになってますが、背面のシングルレンズで被写体深度を調整出来るようになったのはA12 Bionicチップの高性能な処理のおかげとも言えます。

※ただしiPhone XRのポートレートは被写体が人物に限るという制限があるそう。iPhone XSの場合は建物や物体に対しても深度コントロールが出来るようになっています。

 

デザイン

今回のiPhone XRのデザインはカラフルでポップな6色が用意されています。

f:id:jimmy69:20181020131925p:image

ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、プロダクトレッドです。

プロダクトレッドのみ、アップルストア限定色なので、キャリア版から買うのはできませんが、これだけカラフルな色のiPhoneを選ぶのも楽しいですよね。

iPhone XSは側面がステンレススチールですが、iPhone XRの場合はアルミニウムで構成されていて、背面はワイヤレス充電にも対応しているのでガラス製になっています。高級感もありながら、カジュアルさもあるので、個性的なものを選びたい人はiPhone XRはいい選択肢かと思いますよ。

 

さて、以上6つのカテゴリで説明しました。iPhone XRでも十分すぎるスペックなので、iPhone XSかXRか迷ってる方、サブ機としてほしいというニッチなあなたにもオススメできる機体だと僕は思います。

一部では廉価版なんて言われてますけど、全然廉価版なんかじゃありません。

ハイエンドで高級感のあるiPhone XS、スペックもほぼ一緒で価格も抑えられたiPhone XR。

今回のアップルはiPhoneを本気で売りにきてると思うわけです。

 

iPhone XR、発売日は10月26日(金)から開始です。