あとで読も

ガジェット大好きリーマンのニュースマガジン

iPad Proを買うべきか、MacBook Proを買うべきか……

f:id:jimmy69:20181107215431j:plain

ここ数日、先日発売したばかりの新型iPad Proが気になってしまって、毎日YouTubeでいろんなYouTuberのレビュー動画を見漁っています。

新型iPad Proはとても薄くて軽くて、新デザインも超クールでめっちゃいいですよね。
ウェブでネットショッピングしたり、SNSを使ったり、YouTubeで動画をみたり、パソコンで今までしてきたことは、正直iPadのほうが使いやすいから、パソコンを使わなくなってしまった方もいるかもしれません。
けれど完全にパソコンに置き換わるかというと、そうはならないことも多いはずです。
今日はそこんところについて少し書いてみたいと思います。僕も悩んでいるので、共感してもらえる方がいると嬉しいです。

パソコンに出来てiPadに出来ないことってなんだろう?

まずパソコンを使う人について考えてみることにしました。
パソコンを使う人は主に動画編集や画像編集、CAD、プログラミングなど、高い負荷のかかる処理をするためにパソコンを使う人が多いかと思います。ではこれらの作業はiPadでできるでしょうか。

画像編集

画像編集は、もうiPad上で動かせるLightroomアプリも存在しますし、来年からはPhotoshopもiPad向けに登場します。今まで時間のかかってたマスキング処理などもアプリ側の処理で簡単にできてしまうものもあります。画像編集の技術はiPadとの相性もよく、AdobeもこれからiPad向けに最適化されたアプリケーションを開発してくるかもしれません。

動画編集やCADなど

これらはまだまだiPadでは出来ない領域です。というかiPadでやろうとするのはお門違いかもしれません。動画やCADには、高性能なGPUが必要不可欠です。4Kや8Kなど、これからどんどん高精細化する映像技術にはiPadでは力不足なのです。というかミリフレーム単位で編集する作業を、iPadでやりたいですか? 出来ないと思います。

プログラミング

正直プログラミングにはそこまで大きな負荷が必要なわけではありませんが、開発ツールを使う上ではパソコンが必要不可欠です。その開発ツールのほとんどがパソコン上で動くために作られているからです。ただし、プログラミングを学ぶ上ではiPadは良いツールかもしれません。学ぶためのアプリケーションもたくさん配信されています。

 

自分にとってどんな用途で必要かを考えてみる

普段、ウェブサーフィンしたり、ネットショッピングしたり、SNSを使ったり……。仕事ではメールやSlack、Chatworkでやりとり。これらは全部iPadでできる。仕事でOfficeのソフトを多用している人にはiPadは向いていないかもしれない。逆にGoogleのスプレッドシートとかを使う分にはiPadでも十分使いこなせるはずです。

キーボードを使えば文書作成だって出来ますよね。アプリを立ち上げればすぐに起動しますし、Smart Keyboardと組み合わせれば、小さなデスクトップ環境の出来上がりです。
例えばブログの記事を書くだけならiPadでも十分かもしれません、でもHTMLをいじってブログデザインを変えたり、Googleアナリティクスをつかって細かくデータを分析するのは、パソコン上のほうが向いてたりします。

動画を撮ってPremiere Proで編集したりすることも、パソコンでしかできません。
プログラミングを勉強してiOSアプリを作ることも出来るかもしれません。
そういう用途も全部含めて検討すると、やっぱり僕はiPad ProよりもMacBook Proを買うべきなのかなと思っています。

 

ちょうど今使っているMacBook Proも2013年のもの。そろそろ変え時ですからね……。
でもiPadの使いやすさ、普段パソコンを持ち歩くのはしんどいので、軽くて使い勝手のいいiPadは重宝しそうな気がします。ほんと迷っちゃいますね。