あとで読も

ガジェット大好きリーマンのニュースマガジン

史上最小ジンバルカメラ OSMO Pocket発売!

f:id:jimmy69:20181129074740j:plain

史上最小超スリムサイズの3軸ジンバルカメラ「OSMO Pocket」が発売されました。

DJIといえば、ドローンの「DJI Phantom」やジンバルカメラの「DJI RONIN」などが有名で、コンシューマー向けにもiPhoneをセットして使える「DJI OSMO Mobile」などがあります。手のひらに収まるジンバルとしては初めての製品になります。

f:id:jimmy69:20181129075039j:plain

カメラ部分は1/2.3インチセンサーの1200万画素カメラを搭載。80度の視野角(FOV)でF値2.0の絞りを搭載しています。重さも116gと軽量なので、ポケットに収まりますし、iPhoneのLighteningドックに挿してすぐ使えるのが魅力的。

f:id:jimmy69:20181129075106j:plain

手ブレ補正がスゴイ!

DJIと言えば動画ですが、このサイズ感でありながら100Mbpsの4K 60fpsで撮れちゃいます。

3軸のジンバルセンサーを内蔵しているので、手ブレともサヨナラ。下の動画が左からDJI Pocketで撮影した動画、GoProなどの電子的手ブレ補正カメラで撮った動画、一番右がスマホなどの光学式手ブレ補正で撮影した動画になります。

f:id:jimmy69:20181129074653g:plain

左の動画が手ブレもなくて一番滑らかに撮れてますね。

f:id:jimmy69:20181129084718j:image

OSMO Pocketは絞りやシャッタースピード、ISOなどを手動で調整できるプロモードがあるので、写真にこだわる人にもうってつけです。

拡張オプションも充実

f:id:jimmy69:20181129084704j:image

OSMO Pocketには様々なオプション品もあります。防水ケースや、ジンバル操作をマニュアル操作するための延長ロッドなどがあるので、本格的な動画撮影も可能ですよ! iPhoneに取り付けるためのLighteningドック、そしてUSB-Cのドッグも付いてるので、Androidでも使えます。

価格は?

f:id:jimmy69:20181129090424j:image

価格は44,900円(税込)です。「OSMO Mobile 2」が2万以内で買えたのでちょっと高いかなと感じますが、携帯性を考えると選ぶ価値はありそうです。

f:id:jimmy69:20181129090630j:image

標準の同梱オプション品もこれだけ入ってるので、買ってからすぐ使い始められそうです。

因みに動画や写真はmicro SD(最大256GBまで)に保存されます。

正直この値段を考えると、GoPro Hero7と比べてしまいがちですが、この手ブレ補正でより滑らかな動画を撮りたければアリな気はします。

Source:DJI OSMO Pocket