あとで読も

ガジェット大好きリーマンのニュースマガジン

ZOZOHEATめっちゃいいぞ! ユニクロのヒートテックと比較レビュー

f:id:jimmy69:20181210222836j:plain

皆さんは冬場になると、インナーはどんなものを着てますか? 僕はやっぱりユニクロのヒートテック一択です。ヒートテックも年々進化していますよね、生地が違う極暖や、さらにその上をいく超極暖ってのも展開されています。超極暖になると結構生地に厚みもあるのでセーターとか上に着るときにちょうどよかったりします。

でもこれからはZOZOHEATがあればこれからの冬本番も乗り越えられそうですよ。

ZOZOHEATって何?

ZOZOTOWNが今年の冬に急遽発表したZOZOHEAT。ZOZOが機能性肌着を知り尽くした巨人ユニクロに殴り込むようです。

ZOZOは製品紹介ページで「ユニクロのヒートテックと比べてみました」とかはっきり書いちゃうくらい、今回のこの製品には気合の入れ方が違うみたいですよ。

f:id:jimmy69:20181210224315j:plain

そもそもZOZOHEATって何がいいの? ユニクロのヒートテックと何が違うの?って話になると思うのですが、それはずばり。

自分にぴったりなサイズでオーダーメイドできる機能性下着だから!

ZOZOHEATは、いわゆるS、M、Lといったある程度決められたサイズがあるわけではありません。ZOZOHEATは自分にあったサイズをオーダーメイドして作れるので、そのサイズは自分だけのものになるのです。

さらにZOZOSUITで計測したデータがあれば、マジで自分にピッタリなサイズで作れます!

f:id:jimmy69:20181210234733j:plain

もうZOZOSUIT凄すぎませんか、未来すぎませんか。このZOZOHEATをオーダーした時に、「あなたにピッタリなサイズはこちらです」って表示されるので、もうその仰せのままにポチポチと数回タップしてオーダー完了。

f:id:jimmy69:20181210233547j:plain

こんな風にちょっとだけサイズの調整もマニュアルでいじることができます。

 

ZOZOHEATの生地をチェックしてみる

f:id:jimmy69:20181210222836j:plain

ZOZOHEATのパッケージはこんな感じで、なんか宇宙食みたいですね。

f:id:jimmy69:20181210231443j:plain

生地はユニクロのノーマルヒートテックとたいして変わらない感じがします。もう何年か極暖に慣れているので、この生地の薄さをみたときには「あー、やっぱりこんなもんか」って思いました。いや、この時まではね。 

f:id:jimmy69:20181210233852j:plain

ちなみにこっちがユニクロのヒートテック(極暖)、ノーマルヒートテックが見当たらなかったから極暖で申し訳ないのですが、やっぱり生地の薄さが違いますね。

さっそく着てみた

f:id:jimmy69:20181210234158j:plain
f:id:jimmy69:20181210234202j:plain

肌への密着感がSUGEEEEEEEE‼

もう着た瞬間に「あ、これいい」と直感で感じました。素材が肌に密着するので、服の中に無駄な空間が生まれませんし、これだけでも暖かくすら感じます。

ZOZOSUITで計測した自分にピッタリなサイズなので、着ている感じがZOZOSUITを着てたときそのものな感じ。とても気持ちがいいです。


次にユニクロのヒートテック(極暖) を着てみます。

f:id:jimmy69:20181210234831j:plain
f:id:jimmy69:20181210234835j:plain

ちなみに僕がいつも買うサイズはMサイズ。1年前に購入したものなので結構くたくたなのは許して下さい……。ただ、みてもわかるように、脇の部分や、胸からウエストにかけての吸着感が全然違います。あと腕周りや袖もユニクロのヒートテックはちょっとダボついてしまうんですよね。それがZOZOHEATだとぴたーっと密着しているので、重ね着するときに袖がくたくたにならなくて最高です。

 

買う時は自分サイズを絶対買おう

このZOZOHEATは絶対に自分サイズで買うのをおすすめします。

なぜならZOZOの製品ページでも紹介されているように、ZOZOHEATは自分サイズで買わないと、本当の暖かさは体感できないのです。もちろん胸囲とか、ウエストを自分で図るのも面倒臭いので、ぜひZOZOSUITを買うのをおすすめします。一回図ってしまえばZOZOでの買い物がすごい楽になりますから!

f:id:jimmy69:20181211000408j:plain

ZOZOHEAT製品ページから

値段は?

価格は通常価格990円(税込)が、いまならなんと790円(税込)で買えちゃいます(2018年12月13日まで)。ユニクロのヒートテックが税抜きで790円なので、ZOZOHEATのほうが消費税分お得! 僕はすでに2着買ったけど、これからの冬本番のためにもう1着欲しくなっちゃったな。

販売ページには、男性用としてクルーネックとVネック、女性用にはUネックとバレエネックが用意されてますよ。Yシャツを着る機械が多いひとはVシャツのほうが良さそうですね。

f:id:jimmy69:20181211003027j:plain

素材へのこだわりを求めるならコットン素材のものもあるみたい。でもこっちは割引なし。

f:id:jimmy69:20181211003152j:plain

まとめ

ヒートテックはこうやって自分のサイズにあったもののほうが、発熱性を高めてより機能的になるってことですね。実店舗があってさっとすぐ買えるユニクロのヒートテックもいいですが、ネットショップならではの展開と、ZOZOSUITによるデータとの組み合わせはZOZOならでは。自分だけの一着をみにつけてこれからの冬本番を乗り切っていきましょう。

Source:ZOZOTOWN